エルートまでの交通費、全額補助の可能性

県内のフリースクール等が対象です!

こんにちは、理事長のはらみです。

今年度の予算に「不登校児童生徒等支援事業費」があり、ずっと気になっていました。

ようやく先日、県教委の方からお話し伺えたので、共有します。

不登校児童生徒への多様な教育機会を確保するため、民間団体等関係機関との連携体制を整備するとともに、不登校児童生徒に対する経済的支援を行う。

とあります。具体的には、

不登校児童生徒への経済的支援

  1. 対象者 適応指導教室やフリースクールなど学校以外の場で学ぶ児童生徒
  2. 対象経費 通学費、校外活動費、修学旅行費等

と書いてあります。

通学費に関しては、県内にお住まいの方なら他市町村からの通学(通所)でも使えます。(月額上限13千円)(追記:2020.10.13)

でも、どうやら誰でも使えるみたいではないのです。

就学援助制度を利用していれば使える!

松山市の場合は、以下の方が援助対象となるそうです。

県内の他市町村にお住まいの方は、各自治体のHPをご覧ください。

松山市内に住所を有し、公立小・中学校(中等教育学校前期課程を含む)に在籍する児童生徒等の保護者で、以下のいずれかに該当する方

  1. 生活保護が停止または廃止された方
  2. 市町村民税が非課税の方
  3. 市町村民税が減免されている方
  4. 個人事業税が減免されている方
  5. 固定資産税が減免されている方
  6. 国民年金の保険料が免除されている方(※4分の1免除は対象外です。)
  7. 国民健康保険の保険料が減免、または徴収猶予・軽減されている方
  8. 児童扶養手当を受給されている方
  9. 生活資金貸付補助金を受給されている方
  10. 経済的理由によりお困りの方

※ 世帯で同一の事由に該当する必要があります。

※ 同居のご家族を同一世帯として申請してください。

(同居のご家族には、単身赴任中の保護者や、住民票上世帯分離している祖父母・おじ・おば等を含みます。)

詳細はHPをご覧ください。

就学援助 松山市公式スマートフォンサイト

制度は使ってこそ、価値があります。

もし制度を活用されたい方は、在籍校の担任の先生に相談してみてください。

せっかく愛媛県に、素晴らしい制度ができたのです!!

使わなければ来年度から予算がなくなるor減ってしまいます。

(まだ、数件しか申請がないようです。)

もし就学援助制度を利用されていたら、通学費補助を受けてくださいませ。

もし経済的にお困りの方がいましたら、就学援助制度の申請をしてみてください。

原則として随時受付のようです!

エルートは、西条市・西予市・八幡浜・今治・砥部から来てくれる子どもたちも多いです。

エルート生には個別に伝えます。

他のフリースクールの方には伝えました!

経済的理由と交通費の問題で、フリースクールに通うことが難しいと思ってる方々にどうかこの情報が届きますように!

※まだエルートでは、当制度を保護者が利用した実績がないため、実態と異なる場合があります。その際は、情報を更新しますので、何卒ご容赦くださいませ。

コメント